千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行おまかせください!
  • Home
  • 建設業許可【新規】4.建設業許可の要件を確認する

確かな技術で適正価格。千葉県の建設業許可新規・更新申請代行、おまかせください!

千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行は測量・設計業務を通じ、建設業界・現場の温度感を熟知した行政書士がご対応いたします!もちろん安心の無料相談!

建設業許可【新規】4.建設業許可の要件を確認する

5つの要件

建設業許可の要件には、以下の5つがあります。
1. 経営業務の管理責任者を有する
2. 専任技術者を設置する
3. 財産的基礎等がしっかりしている
4. 欠格要件に該当しない
5. 誠実性を有する

上記の中でも重要な3つの大切なチェックポイントはこちら
建設業許可の要件3つの重要チェックポイント

経営業務の管理責任者とは?

建設業の経営業務を一定期間経験した者が1人以上必要とされています。
この者を経営管理責任者と呼び、法人の場合は常勤役員のうち1人、個人の場合は本人か支配人のうち1人必要とされます。

経営業務管理責任者となれる「経験」とは?

1. 許可を受けようとする建設業(業種)に関し、事業主・取締役の経験が5年以上
2. 許可を受けようとする建設業(業種)以外の業種に関して、事業主・取締役の経験が7年以上
3. その他、これに順ずる者の経験が認められるケースもあります。
*経営業務管の執行に関して、取締役会の決議を経て取締役会又は代表取締役から具体的な権限委譲を受け、かつ、その権限に基づき、執行役員等として5年以上建設業の経営業務を総合的に管理した経験
*7年以上経営業務を補佐した経験

専任技術者とは?

専任技術者とは、技術面で建設業許可を受ける業者を支える人材です。
常勤することが条件となります。
一定の実務経験と一定の資格が要求され、その要件は、建設業許可の区分ごとに異なります。

一般建設業許可の場合の専任技術者の要件

ここでは、一般建設業許可における専任技術者の要件について見ていきます。
以下のいずれかに該当することが必要です。
1. 指定の学科修了者で大学卒業後3年以上、高校卒業後5年以上の実務経験を有する者
2. 学歴・資格を問わず、10年以上の実務経験を有する者
3. 専門の国家資格を有する者
* 指定学科および国家資格の一覧はこちら

財産的基礎などの要件

建設業の許可が必要となる工事を受注すると、ある程度のお金がかかります。
営業費用、資材購入費用、機械購入やレンタル費用など、これらの出費に耐えるべく、財産的基礎などの要件が必要とされます。

一般建設業許可の財産的基礎

一般建設業許可の財産的基礎等は次のいずれかです。
1. 自己資本が500万円以上であること
2. 500万円以上の資金調達能力があること
3. 前5年間において許可を受け、継続した営業実績を有すること

特定建設業許可の財産的基礎

特定建設業許可の場合、より強固な財産的基礎が要求されます。
これは、多くの下請負人を使用することが想定されるなどの理由からです。
以下のすべてに該当することが必要とされます。
1. 欠損の額が資本金の20%を超えていないこと
2. 流動比率が75%以上であること
3. 資本金の額が2,000万円以上であること
4. 自己資本の額が4,000万円以上であること

誠実性と欠格要件

誠実性とは文字どおり業務全般における誠実な対応の必要性です。
契約や営業取引において、不正・不誠実な行為を禁止するものです。
欠格要件とは許可申請の段階に不正があった場合や、以下に掲げるものに1つでも該当する場合のことを言います。

千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行、こんなご要望・ご希望ございませんか? 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行、こんなご不安ございませんか? 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行、電話はこちらから。もちろんご相談は無料です! 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行、担当行政書士のご紹介
建設業許可要件のハードルは建設業者様にとって困難なことも多いです。 しかし、無理だと思われる部分においても、様々な角度から可能性を見つめることで、許可可能となるケースもございます。 また、どうしても要件に足りない場合においても、どうすれば最も早く許可にたどり着けるのか?そのようなガイドラインを持つことは大切です。 どちらの場合においても、お客さまにとっての最善策をあきらめずに探し出し、力強いサポートのご提供をさせていただきたいと思います。
千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請知事許可新規料金のご案内 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請代行、会社設立と同時に建設業許可取得をお考えのお客さまへ。株式会社設立+建設業許可申請代行料金のご案内 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可おまかせください!