千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行おまかせください!
  • Home
  • 【宅建業免許申請】6.宅建業(宅地建物取引業)の免許《変更》

確かな技術で適正価格。千葉県の建設業許可新規・更新申請代行、おまかせください!

千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行は測量・設計業務を通じ、建設業界・現場の温度感を熟知した行政書士がご対応いたします!もちろん安心の無料相談!

【宅建業免許申請】6.宅建業(宅地建物取引業)の免許《変更》

宅建業(宅地建物取引業)免許の変更届が必要なケースとは?

以下の場合は、宅建業免許の変更届が義務付けられています。

1) 一定の事項に変更が生じた場合
2) 業者が業者でなくなる場合

なお、変更があった場合は、30日以内に届け出なければなりません

宅建業(宅地建物取引業)免許の変更届 【一定の事項に変更が生じた場合】

以下の変更が生じた場合は、宅建業免許の変更届を行ってください。

1) 商号または名称
2) 法人業者の場合、その役員(*)および政令で定める使用人(*)の氏名
3) 個人業者の場合、その個人および政令で定める使用人の氏名
4) 事務所の名称および所在地
5) 事務所ごとに置かれる専任の取引主任者の氏名

(*) 「役員」とは代表取締役・取締役、相談役、顧問など、「使用人」とは事務所の代表者を言います。

宅建業(宅地建物取引業)免許の変更届 【業者が業者でなくなる場合】

以下の変更が生じた場合は、宅建業免許の変更届を行ってください。

1) 個人業者が死亡したとき
2) 法人業者が合併により消滅したとき
3) 業者が破産したとき
4) 法人業者が合併・破産以外の理由で解散したとき
5) 業者が廃業したとき

宅建業(宅地建物取引業)免許の変更届に必要な書類一覧

窓口で申請する際には、
千葉県知事免許業者‥正本1部、副本1部
大臣免許業者‥正本1部、副本2部
なお、その際の副本は写しでかまいません。

申請に必要な書類を下記よりご確認ください。
商号・代表者関係 の変更届
事務所関係 の変更届
役員関係 の変更届
政令使用人関係 の変更届
専任の取引主任者関係 の変更届

なお、当事務所で各書類の作成をさせていただくこともできます。
作成に関するご依頼、お見積り、ご質問などは「お問い合わせフォーム」よりお願いいたします。

宅建業(宅地建物取引業)免許の変更届提出先

免許の種類が知事の場合は、知事に対して直接提出してください。
免許の種類が大臣の場合は、本店所在地の都道府県知事経由で提出してください。
(千葉県に本店がある業者は千葉県県土整備部建設・不動産業課を受付窓口として提出します。)
いずれも窓口に直接届け出ます。(郵送不可)

千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行、こんなご要望・ご希望ございませんか? 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行、こんなご不安ございませんか? 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行、電話はこちらから。もちろんご相談は無料です! 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行、担当行政書士のご紹介
建設業許可要件のハードルは建設業者様にとって困難なことも多いです。 しかし、無理だと思われる部分においても、様々な角度から可能性を見つめることで、許可可能となるケースもございます。 また、どうしても要件に足りない場合においても、どうすれば最も早く許可にたどり着けるのか?そのようなガイドラインを持つことは大切です。 どちらの場合においても、お客さまにとっての最善策をあきらめずに探し出し、力強いサポートのご提供をさせていただきたいと思います。
千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請知事許可新規料金のご案内 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請代行、会社設立と同時に建設業許可取得をお考えのお客さまへ。株式会社設立+建設業許可申請代行料金のご案内 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可おまかせください!