千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行おまかせください!
  • Home
  • 【宅建業免許申請】1.宅地建物取引業とは?

確かな技術で適正価格。千葉県の建設業許可新規・更新申請代行、おまかせください!

千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行は測量・設計業務を通じ、建設業界・現場の温度感を熟知した行政書士がご対応いたします!もちろん安心の無料相談!

【宅建業免許申請】1.宅地建物取引業とは?

宅建業(宅地建物取引業)とは?

宅建業(宅地建物取引業)とは、「宅地」または「建物」の「取引」を「業」として行うことを言います。
宅建業(宅地建物取引業)を営むには、宅建業(宅地建物取引業)免許が必要です。

「取引」とは?

「取引」には以下のような「売買」、「交換」、「賃借」の行為が該当します。

宅建業(宅地建物取引業)の「取引」とは?

宅建業(宅地建物取引業)に該当するものが○、該当しないものが×です。
自己の物件を賃貸する場合は、宅建業から除外されます。

売買 交換 賃借
自己の物件
×
他人の契約を代理
他人の契約を媒介

「業」とは?

「業」とは、
1) 不特定、かつ、多数人を相手として
2) 反復継続して行うこと
を言います。

「不特定かつ多数」にあたらない例としては、会社の福利厚生の一環で社員にマンションを安く売却する場合などが挙げられます。
この場合、社員のみ=特定多数なので「業」にあたりません。

「反復継続」については、農地を6区画に分割して宅地として売却する場合は反復継続になりますが、
それを一括して不動産会社に売る場合などは1度限りなので、この場合は「業」にあたりません。

宅建業(宅地建物取引業)の「業」とは?

千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行、こんなご要望・ご希望ございませんか? 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行、こんなご不安ございませんか? 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行、電話はこちらから。もちろんご相談は無料です! 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行、担当行政書士のご紹介
建設業許可要件のハードルは建設業者様にとって困難なことも多いです。 しかし、無理だと思われる部分においても、様々な角度から可能性を見つめることで、許可可能となるケースもございます。 また、どうしても要件に足りない場合においても、どうすれば最も早く許可にたどり着けるのか?そのようなガイドラインを持つことは大切です。 どちらの場合においても、お客さまにとっての最善策をあきらめずに探し出し、力強いサポートのご提供をさせていただきたいと思います。
千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請知事許可新規料金のご案内 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請代行、会社設立と同時に建設業許可取得をお考えのお客さまへ。株式会社設立+建設業許可申請代行料金のご案内 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可おまかせください!