千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行おまかせください!
  • Home
  • 【宅建業免許申請】5.宅建業(宅地建物取引業)の免許《新規》

確かな技術で適正価格。千葉県の建設業許可新規・更新申請代行、おまかせください!

千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行は測量・設計業務を通じ、建設業界・現場の温度感を熟知した行政書士がご対応いたします!もちろん安心の無料相談!

【宅建業免許申請】5.宅建業(宅地建物取引業)の免許《新規》

宅建業(宅地建物取引業)の業務開始までの流れ

宅地建物取引業の業務開始までの流れは以下のとおりです。
詳細をご覧になりたい項目をクリックしてください。このページ内の項目へそれぞれジャンプします。

【 宅建業(宅地建物取引業)の業務開始までの流れ 】

宅建業(宅地建物取引業)の免許申請
1) 申請書の提出方法
2) 申請に必要な書類一覧
3) 申請時の手数料について

宅建業(宅地建物取引業)の免許通知
1) 申請から免許通知までの期間
営業保証金の供託または保証協会への加入
1) 営業保証金
2) 営業保証金供託手続きの流れ
3) 保証協会加入時の弁済業務保証金
4) 保証協会加入手続きの流れ
営業保証金供託済の届出または保証協会加入済の届出
1) 届出の方法
業務開始

宅建業(宅地建物取引業)の免許申請 [申請書の提出方法]

宅建業(宅地建物取引業)の免許申請は、必要書類を全て揃えた上、窓口に直接持参してください。
郵送では受理されませんのでご注意ください。

宅建業(宅地建物取引業)の業務開始までの流れ【目次】に戻る

宅建業(宅地建物取引業)の免許申請 [申請に必要な書類一覧]

窓口で申請する際には、申請書は知事免許の場合は2部(正1部・副1部)、大臣免許は3部(正1部・副2部)必要です。なお、その際の副本は写しでかまいません。
申請に必要な書類の一覧はこちらよりご確認ください。

なお、当事務所で宅建業免許申請書類を作成させていただくこともできます。
作成に関するご依頼、お見積り、ご質問などは「お問い合わせフォーム」よりお願いいたします。

宅建業免許新規申請に必要な書類一覧


宅建業(宅地建物取引業)の業務開始までの流れ【目次】に戻る

宅建業(宅地建物取引業)の免許申請 [申請時の手数料について]

各都道府県に納める手数料は、以下のとおりとなっています。

免許の種類 手数料
知事免許
新規
33,000円
千葉県収入印紙
大臣免許
新規
90,000円
登録免許税(浦和税務署へ納付した領収書原本)

購入した印紙は、申請書の所定の欄に貼付してください。

宅建業(宅地建物取引業)の業務開始までの流れ【目次】に戻る

宅建業(宅地建物取引業)の免許通知 [申請から免許通知までの期間]

申請から免許通知までは、通常60日程度です。
* 営業保証金の供託について保証協会に加入する場合、その手続きに2ヶ月ほどかかります。
申請直後に保証協会加入の手続きを開始すれば、業務開始までの時間が短縮されます。

宅建業(宅地建物取引業)の業務開始までの流れ【目次】に戻る

営業保証金の供託または保証協会への加入 [営業保証金]

営業保証金の額は、以下のように定められています。

1. 主たる事務所 → 1,000万円
2. その他の事務所 → 1ヶ所につき500万円

本店の他に支店2ヶ所を有する場合は2,000万円になります。
なお、営業保証金額は事務所の数だけで決定され、事務所の場所や大臣・知事免許ということなどは一切関係ありません。

本店所在地のもよりの法務局より供託します。

宅建業(宅地建物取引業)の業務開始までの流れ【目次】に戻る

営業保証金の供託または保証協会への加入 [営業保証金供託手続きの流れ]

営業保証金供託の手続きの流れは以下のとおりです。

1. 免許権者から免許証の交付
2. 宅建業者が営業保証金を供託所に供託
3. 供託所から供託物受け入れの記載のある供託書を宅建業者に交付
4. 宅建業者が供託した旨を免許権者に届出
5. 宅建業者営業開始


宅建業(宅地建物取引業)の業務開始までの流れ【目次】に戻る

営業保証金の供託または保証協会への加入 [保証協会加入時の弁済業務保証金]

営業保証金額が高額で準備するのが難しいという方のために、弁済業務保証金というものがあります。
これは、営業保証金と同じ役目を果たします。

弁済業務保証金の額は、以下のように定められています。

1. 主たる事務所 → 60万円
2. その他の事務所 → 1ヶ所につき30万円

本店の他に支店2ヶ所を有する場合は120万円になります。

供託先は以下のとおりです。
(社)全国宅地建物取引業保証協会事務局
(社)千葉県宅地建物取引業協会および(社)全国宅地建物取引業保証協会千葉県本部
(社)不動産保証協会事務局千葉県本部
(社)全日本不動産協会千葉県本部および(社)不動産保証協会千葉県本部

宅建業(宅地建物取引業)の業務開始までの流れ【目次】に戻る

営業保証金の供託または保証協会への加入 [保証協会加入手続きの流れ]

保証協会入会手続きの流れは以下のとおりです。

1. 免許権者から免許証の交付
2. 宅建業者が弁済業務保証金分担金を保証協会へ納付
3. 保証協会が供託所へ弁済業務保証金を供託(2.の時点より1週間以内)
4. 供託所から供託物受け入れの記載のある供託書を保証協会に交付
5. 保証協会が供託した旨を免許権者に届出
6. 宅建業者営業開始


宅建業(宅地建物取引業)の業務開始までの流れ【目次】に戻る

営業保証金供託済の届出または保証協会加入済の届出 [届出の方法]

宅建業の免許を受けた日から3ヶ月以内に免許権者に営業保証金の供託を行った旨の届出をしなければなりません。

【 営業保証金供託済の届出または保証協会加入済の届出に必要な書類 】
営業保証金を供託した場合 営業保証金供託済届出書 正副2通 (千葉県)
保証協会に加入した場合 社員加入報告及び弁済業務保証金供託届出書 協会より発行


宅建業(宅地建物取引業)の業務開始までの流れ【目次】に戻る

千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行、こんなご要望・ご希望ございませんか? 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行、こんなご不安ございませんか? 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行、電話はこちらから。もちろんご相談は無料です! 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請(更新・新規)代行や建設業種追加、宅建業/測量業免許申請登録(更新・新規)代行、担当行政書士のご紹介
建設業許可要件のハードルは建設業者様にとって困難なことも多いです。 しかし、無理だと思われる部分においても、様々な角度から可能性を見つめることで、許可可能となるケースもございます。 また、どうしても要件に足りない場合においても、どうすれば最も早く許可にたどり着けるのか?そのようなガイドラインを持つことは大切です。 どちらの場合においても、お客さまにとっての最善策をあきらめずに探し出し、力強いサポートのご提供をさせていただきたいと思います。
千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請知事許可新規料金のご案内 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可申請代行、会社設立と同時に建設業許可取得をお考えのお客さまへ。株式会社設立+建設業許可申請代行料金のご案内 千葉県・東京23区・埼玉県・茨城県の建設業許可おまかせください!